葉色は濃緑色で光沢がある。
葉枚数は少なめだが、葉柄部は幅が広く輝白色で厚みがあり、ボリューム感のある短脚形状となる。
中国国内でも熱帯地方が原産の野菜のため、生育は早生で非常に抽苔しやすく、春播きには不向き。
葉柄部の繊維質が少なくエグみやクセもないので、炒め物?スープなどの料理に最も適するが、
葉身部(濃緑色)と葉柄部(白色)との色のコントラストがよいため、近年ではイタリア料理や和食にも利用されている。
  • 葉色は濃緑色で光沢がある。
  • 葉枚数は少なめだが、葉柄部は幅が広く輝白色で厚みがあり、ボリューム感のある短脚形状となる。
  • 中国国内でも熱帯地方が原産の野菜のため、生育は早生で非常に抽苔しやすく、春播きには不向き。
  • 葉柄部の繊維質が少なくエグみやクセもないので、炒め物?スープなどの料理に最も適するが、
  • 葉身部(濃緑色)と葉柄部(白色)との色のコントラストがよいため、近年ではイタリア料理や和食にも利用されている。
もっと見る

葉色は濃緑色で光沢がある。
葉枚数は少なめだが、葉柄部は幅が広く輝白色で厚みがあり、ボリューム感のある短脚形状となる。
中国国内でも熱帯地方が原産の野菜のため、生育は早生で非常に抽苔しやすく、春播きには不向き。
葉柄部の繊維質が少なくエグみやクセもないので、炒め物?スープなどの料理に最も適するが、
葉身部(濃緑色)と葉柄部(白色)との色のコントラストがよいため、近年ではイタリア料理や和食にも利用されている。

よくあるご質問