(20180930cervelo2019)(point20180930cervelo2019)(20180930cervelo2019)(新品20180930)
■他サイズ
 ・サイズ48  ・サイズ51
 ・サイズ54






■状態:新品


■商品説明

・Cervelo (サーベロ)

1995年に設立されたカナダトロントに本拠点を構えるcervelo(サーヴェロ)。
2人のエンジニア、フィル・ホワイトとジェラルド・ヴルーメンが革新的なタイムトライアルバイクを開発しようと決めたことに遡る。
サーヴェロの名の由来は、イタリア語で頭脳を意味する「cervello」と、フランス語で自転車を意味する「v?lo」を組み合わせた造語である。
文字通りそれは 「頭脳を持つバイク」であり、ある思想がインプットされたバイクであるとも言える。
9人のエンジニアと創設者 により、サーヴェロのプロダクトはすべて自社で設計されている。業界内にテストのための明確な基準がないという現状の中、サーヴェロでは新たに、より厳しい自社基準を設定した。
これらのテストは業界標 準の数段厳しく、例えば対正面衝撃試験についてはDIN規格(ドイツ規格協会)の3倍を自社基準としている。
サーヴェロフレームはまた世界でもっとも厳しいEFBe (Engineering for Bikes)・・・世界中の軽量ハイパフォーマンスフレームの検査を行っている、ドイツを拠点とする国際的な独立検査機関による耐久性テストをもパスしており、すべてのフレームがハイパフォーマンスフレーム認定を受けている。
その上サーヴェロでは、同一のフレームを3回連続 してEFBeのテストにかけ、3回ともパスするという偉業を成し遂げた。
このように、他社がパスすることはおろか、行なおうともしないテストが、現在ではサーヴェロの標準となっている。
こうして、サーヴェロは軽量ハイパフォーマンスフレームの分野で、リーディングカンパニーとなった。





・T4

ベールを脱いだトラック競技用第4世代

T4はヴェロドロームで必要な剛性とパワーを実現するために、P4のエアロテクノロジーを採用したトラック競技専用モデルである。
優れた反応性、正確なハンドリング、もっとも強力なライダーの踏力にも耐えるための剛性と安定性。
これらを同時に実現するために、Pシリーズに導入しているテクノロジーのトゥルーエアロ・ヘッドチューブ、リアホイール・カットアウトなどをトラック競技専用に再設計している。
T4のジオメトリー(P4に基づく)はハンドルバー&ステムの簡単な交換でパシュート競技などにも使用できる。
ヴェロドロームでの勝利を達成するために、T4はコンマ数秒も無駄にしないだろう。
そして毎日の激しいトレーニングで限界まで追い込むために必要十分な耐久性をもっている。
それらは、すべてオリンピックでのゴールドメダル獲得のためだ。




■スペック

・カラー:レッド
・フォーク:Cervelo All-Carbon,T4 Fork
・ヘッドセット:FSA IS2 1-1/8×1-1/8
・シートポスト:Cervelo Aero UCI
・ボトムブラケット:付属なし




■ジオメトリー

・サイズ:54
・スタック:498mm
・リーチ:419mm
・トップチューブ:557mm
・ヘッドチューブ:105mm
・参考重量:フレーム単体1,540g/フォーク単体480g(51サイズ実測)
※実際の製品には個体差があります。
・適正身長:177.5-183.5cm

■特記事項

※掲載製品、画像の仕様・スペック等は予告なく変更される場合もございます。予めご了承ください。




よくあるご質問