鳴海織部 抹茶茶碗 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、
その名前のとうり山奥となります。
そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に
工夫をして窯を作りました。
自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な
景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

サイズ
直径12cm×高さ7.5cm
素材
陶器(木箱付き)
特長

少し変形した菱型文様のある茶碗で
織部と志野の調和が抜群に良い抹茶茶碗

焼成方法

薪窯焼成

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。

よくあるご質問